おかげさまで4周年

日付: 2016年07月20日 | カテゴリー:お知らせ

皆様からのご支援とご指導のお蔭をもちまして、

本日2016年7月20日、弊社は設立4年となりました。

この場をお借りしまして心より御礼申し上げます。

5年目はさらなる成長のための1年とできればと考えております。

近年、世界の政治経済情勢は混とんとしており、

当地の経済も成長を維持し続けるためのまさに正念場ではありますが、

このような時期であるからこそ弊社は初心に立ち返り、

地に足を着けて一日一日を全力で業務に励んでまいりますので、

今後ともご支援とご指導のほどよろしくお願いいたします。

2016年7月20日 代表取締役 荒川 満

転職市場の繁忙期と閑散期

日付: 2016年01月12日 | カテゴリー:転職希望者向け情報

シンガポールにおける転職市場の繁忙期と閑散期について。

『転職市場の繁忙期と閑散期』

つまり比較的求人が多く転職活動がしやすい時期と、しにくい時期についてですが、

簡単に申し上げますと、年末年始や旧正月、建国記念日など連休や

長期休暇シーズンの前後は閑散期となります。

また日系企業ですと採用の意思決定者が

日本本社から出向している駐在員(以下、駐在員)であることが一般的です。

その場合は人事異動が多い年度末や年度初め、上半期末や下半期初めの時期は

採用責任者である駐在員の異動に伴い採用計画が見直されたりすることがあります。

同様に駐在員の方々が長期休暇を取ることが多い、日本のGWの時期、

お盆を中心とした夏季休暇の時期、年末年始も意思決定が滞りがちになります。

またボーナス前の時期も欠員が出にくいため求人が一時的に減少します。

あとはシンガポールですとF1が開催される週は進捗が停滞しやすいです。

従いまして閑散期は、

・連休や長期休暇の前後

・駐在員の異動時期の前後

・駐在員が長期休暇に入ることが多い時期の前後

・ボーナス前の時期

・F1に代表されるような催事の前後

となり、これらの時期以外が繁忙期にあたると言えます。

以上、シンガポールでの就職/転職活動の参考として頂ければ幸いです。


※その時々の経済状況、各種規制、各業界や各企業、各求人により、

採用状況、転職事情は常に異なりますので参考程度にお考え下さい


※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

海外勤務をして、日本に戻った際に評価をされる点は?

日付: 2015年12月22日 | カテゴリー:転職希望者向け情報

面談をしておりますとしばしば聞かれるのが今日のテーマである

『海外勤務をして、日本に戻った際に評価をされる点は?』です。

各業界、各職種、ご年齢などにより異なりますが、

簡単にまとめるなら、一般的には以下の5点に集約されるのではないでしょうか。

【日本に戻った際に評価をされる点】

①語学力(英語力が最重要)

②異文化で育った同僚との協業経験

③異文化での生活/勤務に適応した適応力

④現地での現地スタッフのマネジメントや人材育成経験

⑤数値化/可視化出来る具体的な成果

5点の中でも特に④の経験があると評価が高くなる傾向にあります。

以上。

ご参考にして頂ければ幸いです。


※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

『AWS』とは

日付: 2015年12月15日 | カテゴリー:転職希望者向け情報

『AWS』シンガポールで就職活動をされたり、採用活動に携わられていらっしゃると

耳にされることがあろうかと思います。

今回は、このAWSについて簡単にですがご説明いたします。

【AWSとは】

・Annual Wage Supplementの略

・シンガポールの商慣習で、年間13ヶ月分の給与が保証される制度

・つまり毎月の給与に加えて1ヶ月分のボーナスが確約され支払われます

・支給時期は会社規定によりまちまちですが、12月から旧正月前後の期間に支払われるパターンが多いようです

・前述のとおり、あくまでも商習慣ですので法的義務はございませんから、

AWSの制度を設けていない会社もございます

以上。

ご参考になれば幸いです。


※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

シンガポールにおける就労ビザ(EP)の厳格化~その14~

日付: 2015年12月01日 | カテゴリー:就労ビザについて

注:以下、2014年1月~2015年8月末日の期間内の事例です

さて前回に引き続きシンガポールにおける就労ビザの一つEmployment Pass(以下EP)について、

弊社で取り扱った事例の一部を以下に挙げさせて頂きます。

下記の事例の見方としましては、前回同様、左より年齢、学歴、月給を表記しており、

学歴、年齢に対して示されている月給以上であれば、EPが取得可能であることを意味します。

皆様のご参考となれば幸甚です。

【EP取得基準の事例~40代~】

40代前半、中堅私立大卒、S$4,800/月

40代前半、上位私立修士、S$4,500/月

40代前半、上位私立修士、S$4,300/月

40打前半、上位私立大卒、S$4,300/月

40代中盤、地方国立博士、S$4,500/月

40代中盤、地方国立大卒、S$4,800/月

40代中盤、中堅私立修士、S$4,300/月

40代中盤、有名私立修士、S$4,300/月

40代中盤、中堅私立大卒、S$4,800/月

※2014年1月~2015年8月末の期間内に、弊社経由での就職によりEPが発給された方、

ビザ申請代行をさせて頂いた方、またはシンガポール人財省(Ministry of Manpower)の

Self Assessment Tool(以下SAT)↓にてシミュレーションした際の結果です。

https://services.mom.gov.sg/sat/satservlet

以上となります。


※企業の人事/採用担当の皆様へ、弊社では人材紹介と併せて、ビザ申請代行サービスも行っております

ご興味がおありの方は個別にお問い合わせ下さい


※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます