シンガポール⇔日本のビジネストラック④~出発前のチャンギ空港にて~

日付: 2020年11月21日 | カテゴリー:シンガポール事情

自宅からチャンギ空港への移動、
事前のオンラインでのチェックインも含めて
空港に到着まで普段と変わらない手続き流れでした。

ただ、空港ターミナルに到着して、
発券と預け荷物のためにチェックインカウンターに行くと
(今回はシンガポール航空を利用したためT3)
そこには誰も人がいませんでした。

自動発券機と自動預け荷物機があるだけで、
周囲にはアシスタントすら1人も見当たらず、
モニターで使用方法が流されているだけでした。

端末の操作は、特に複雑なこともないので、
特に困るようなこともなくチェックイン完了。
(個人的には、平時でもこれで良いと感じました)

完了後、イミグレーションに向かおうと
振り返った時に気が付いたのですが、
少し離れた向かいのチェックインカウンターに、
2名だけグランドスタッフが座っているカウンターがありました。
端末が上手く操作出来ない人は、そちらへ行くようにとのことかもしれません。

その後、いつものようにイミグレーションを通過
通過前にセンサー式の体温計で体温を計られてますが、
特段一時停止などを求められることもなく、
普通に通過して問題なかったです。

いつもは自動イミグレーション機を通過した後に行われていた
パスポートとボーディングパスのチェックについては、
イミグレーション機にパスポートを差し込む前の位置で
行われるようになっていました。

親指の志門読み込みのために不特定多数の人が
読み取り部分に触れてしまうため、
イミグレーション機の手前での実施に変えたのでしょうか。

結局、機内に搭乗するまで、これまでと特段変わった手続きはなく、
カバーレターの提示なども求められませんでした。
出国時については、ユルイものなのだなぁと思いました。

飛行機に搭乗する際、ドアのところでCAさんから
『質問票』と税関の申告書などの一式が手渡されたのですが、
これが、これまでのフライトと唯一異なった点でしょうか。


※全て2020/11/15時点の情報ですので都度最新情報をご確認ください

※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

シンガポール⇔日本のビジネストラック➂~日本へのフライトの前に~

日付: 2020年11月20日 | カテゴリー:シンガポール事情

日本への入国に先立ち

・厚生労働省のLINEアカウントの登録(QRコード読み取り)
・スマホのGoogleマップの位置情報設定
・スマホ本体(iOSのみでAndroidOSについては特に記載がありませんでした)の位置情報の設定

これら3点をしておく必要があります。
なおLINEアカウントの登録は日本のスマホでないと機能しないそうでして・・・
筆者のように日本のスマホを持っていない者は、
受け入れ責任者に代理で登録してもらう必要があるそうです。

同様に必要がる方は、予め受け入れ責任者にお願いしておかないと
空港到着時に面倒なことになるかもしれませんので、要注意です。
ちなみに、LINEアカウントの登録後、簡単な質問(体温など)が2~3点くるそうです。


※全て2020/11/14時点の情報ですので都度最新情報をご確認ください

※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

シンガポール⇔日本のビジネストラック②~Swabテスト(日本でいうPCR検査)~

日付: 2020年11月13日 | カテゴリー:シンガポール事情

出国前72時間以内(フライトの離陸時間から起算)に
新型コロナウイルスに関するSwabテスト(日本でいうPCR検査)を受検し、
「陰性」であることを記載した検査証明を取得しなければなりません。

こちらはシンガポール政府指定の病院のリスト
(https://safetravel.ica.gov.sg/pdf/clinic_listing_27102020.pdf)があります。

筆者は、自宅近くの病院に問合せたところ、
カバーレター(ビジネストラック許可証)が大使館から出てから、
メールにカバーレター検査証明書のフォーマット(https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page25_002004.html)を添付、
また姓名、パスポート番号、国籍、FIN番号、電話番号と住所、フライトの詳細を
メールに記載して、メールにてアポを取るようにと言われました。
 
その後、メールをして翌日の朝になっても返事がなかったので、
電話して事情を説明したところ、EP、パスポート、
カバーレターと検査証明書のフォーマット(ハードコピー)を持参し
15時に来てくれと言われたので15時に行ったのですが
受付ではアポは認識されておらず・・・

その場で経緯を説明したところ検査をしてくれることになり
色々と書類に前述の個人情報などを書き込み、
検査料S$186を払って、待つこと10分ほど。

個室へ案内されてPRCグリグリ。個人差があるようですが、
ホテル隔離の時のグリグリも筆者はさほど痛みを感じませんでした。

2回目ということもあり、心の余裕があったので、
グリグリしやすいようにと思い鼻の穴をふくらませたところ、
検査員の方に『No need』と笑われました。
皆さんも鼻をふくらませる必要はないようです。

受付から検査終了まで計30分ほどで終了。
無事に陰性であれば、翌日の昼前後に証明書を受け取れるらしく、
『電話での通知を受けてから、受け取りに来てください』とのことでした。
 
翌日の朝10時頃にSMSでMOHから陰性との報告が入り、
指示に従ってメッセージ内のリンクからAcknowledgeしました。

その後、前日に言われたとおり、12時過ぎに病院から
『陰性証明書が完成したので、診療時間中に受取りに来てください』
との電話を受けました。

電話とほぼ同じタイミングでメールでも
陰性証明書などの書類を全てPDFで送信してくれていました。
午後の診療時間を待って、無事に受領。

検査から24時間以内には受け取れるようになっているようです。
ただフライトの都合上、フライトの72時間前~が、
週末や祝日を挟む場合は要注意かと思います。
 
 
※全て2020/11/12時点の情報ですので都度最新情報をご確認ください
 
※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

シンガポール⇔日本のビジネストラック①~大使館への申請まで~

日付: 2020年11月12日 | カテゴリー:シンガポール事情

まず大使館のホームページ
(https://www.sg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/phased_measures_for_resuming_cross-border_travel.html)
をパッと見てもどこ宛に申請書類を送ればいいのか分かりませんでした。

問合せ先のメールアドレス(fastlane@sn.mofa.go.jp)はあるのですが・・・
筆者には見つけられなかったので、問合せてみたところ30分ほどで返信が来て、
問合せ先のメールアドレス=申請書類の提出先とのことでした・・・
 
また、提出書類の本邦活動計画書
(https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/page22_003415.html)
に、以下のような申請をする項目があるのですが
新型コロナウイルス感染症の検査結果待機場所
(やむを得ない事情により空港内での待機ができず、
受入企業・団体が確保した施設(含:保養所、寮)で待機する場合)
 
どことすればいいのかちょっと迷いながらも自宅を記載して提出しました。
すると、これまた15分ほどで返信がきまして、
『到着時の検査は不要なので、空欄にして再提出してください』と言われましたが・・・
だったらこの項目不要じゃないですか!?
そして不要な項目であれば、わざわざ再度空欄にして再提出する必要あるのでしょうか・・・
 
また入国者情報の欄に【本国住所】という項目があるのですが、
筆者の日本語力の問題か、お役所用語を理解していなためか、
本国=日本と理解し、日本の住所を記載して提出しました。
ところが、『こちらにはシンガポールの住所を書いてください』
との指摘を受け、修正し再提出しました。
ただ、それであえば【居住国住所】のほうが分かりやすいと思うのですが・・・
 
あと、本邦活動計画と併せて提出する誓約書については、
受け入れ企業の法人印の押印が必要なのか不要なのか分かりませんでした。
2020年10月30日更新のフォーマットには「印」の記載がない。

しかし2020/10/20(その後2020/11/11改訂)に出されている
「ビジネストラックの手続きについて」(シンガポール・韓国)には
(https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/1020bt2.pdf)
誓約書には受け入れ企業の社印の押印が必要でフォーマットには「印」の記載がある。
印鑑の廃止が叫ばれている昨今なので、不要になった
(2020/11/11日改訂版には社印を押すようにとの注意書きもなくなっています)
とも取れるがはたして・・・

筆者の場合は、念のため受け入れ企業の方に押印もお願いしました。
気になる方は別途問合せられるのが良いと思います。
 
上記のように情報やフォーマットが掲載されているサイトが点在していて集約されていない点や、
他にもツッコミどころが満載ではありますが、大使館や外務省の方々もお忙しいでしょうし、
都度変更があるので対応しきれていないのだろうと思うと、責める気にもならず・・・
対応に追われていらっしゃることを想像すると、むしろ気の毒な気もしました。
 
金曜日の夕方17時過ぎに申請書類を提出、
火曜の13時前には承認されカバーレターが出てきました。
中一日の営業日とは思ってた以上に迅速な対応で正直驚きました。
なお本邦活動計画書上の訪問先については、後付けで記載し再提出することで、
申請後のスケジュール変更や訪問先追加を行うことが出来るそうです。
 
 
※全て2020/11/11時点の情報ですので都度最新情報をご確認ください
 
※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

シンガポール国外在住者への新規ビザの発行制限について

日付: 2020年09月01日 | カテゴリー:就労ビザについて

2020.8.31現在、下記のMOMのサイトに
Noteとして注意書きされてる内容のご案内です。

シンガポール国外(日本含む)在住者向けの新規のビザ発行は
Approvals will be very limited. ということで
非常に限定的となる措置が続いております。

新たな規制や制限などが導入されるまで
この措置が継続されるとのことです。

現在、日本を含めシンガポール国外にお住まいの方で
シンガポール就職をご希望される方は、
適宜MOMのサイトを確認されることをお薦めいたします。

https://www.mom.gov.sg/eservices/services/ep-online#EA


※全て2020/8/31時点の情報ですので都度最新情報をご確認ください
 
※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます