シンガポールにおける就労ビザ(EP)の厳格化~その9~

日付: 2015年10月27日 | カテゴリー:就労ビザについて

注:以下、2014年1月~2015年8月末日の期間内の事例です

さて前回に引き続きシンガポールにおける就労ビザの一つEmployment Pass(以下EP)について、

弊社で取り扱った事例の一部を以下に挙げさせて頂きます。

下記の事例の見方としましては、前回同様、左より年齢、学歴、月給を表記しており、

学歴、年齢に対して示されている月給以上であれば、EPが取得可能であることを意味します。

皆様のご参考となれば幸甚です。

【EP取得基準の事例~20代中盤~】

20代中盤、上位私立大卒、S$3,400/月

20代中盤、中堅私立大卒、S$4,500/月

20代中盤、米国大学卒、 S$4,200/月

20代中盤、中堅私立大卒 S$4,500/月

20代中盤、中堅私立大卒、S$3,600/月

20代中盤、地方公立大卒、S$4,500/月

20代中盤、中堅私立大卒、S$3,400/月

20代中盤、有名私立大卒、S$3,600/月

20代中盤、中堅私立大卒、S$4,400/月

20代中盤 台湾国立大卒、S$4,500/月

20代中盤、豪州大学卒、 S$3,600/月

20代中盤、中堅私立大卒、S$4,000/月

※2014年1月~2015年8月末の期間内に、弊社経由での就職によりEPが発給された方、

ビザ申請代行をさせて頂いた方、またはシンガポール人財省(Ministry of Manpower)の

Self Assessment Tool(以下SAT)↓にてシミュレーションした際の結果です。

https://services.mom.gov.sg/sat/satservlet

以上となります。


※企業の人事/採用担当の皆様へ、弊社では人材紹介と併せて、ビザ申請代行サービスも行っております

ご興味がおありの方は個別にお問い合わせ下さい


※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

シンガポールにおける就労ビザ(EP)の厳格化~その8~

日付: 2015年10月20日 | カテゴリー:就労ビザについて

注:以下、2014年1月~2015年8月末日の期間内の事例です

さて前回に引き続きシンガポールにおける就労ビザの一つEmployment Pass(以下EP)について、

弊社で取り扱った事例の一部を以下に挙げさせて頂きます。

下記の事例の見方としましては、前回同様、左より年齢、学歴、月給を表記しており、

学歴、年齢に対して示されている月給以上であれば、EPが取得可能であることを意味します。

皆様のご参考となれば幸甚です。

【EP取得基準の事例~20代前半~】

20代前半、中堅私立大卒、S$3,800/月

20代前半、中堅私立大卒、S$4,100/月

20代前半、中堅私立大卒、S$4,100/月

20代前半、中堅私立大卒、S$4,400/月

20代前半、地方私立大卒、S$4,200/月

20代前半、有名私立大卒、S$3,300/月

20代前半、有名私立大卒、S$3,400/月

20代前半、上位私立大卒、S$3,300/月

20代前半、中堅私立大卒、S$4,100/月

※2014年1月~2015年8月末の期間内に、弊社経由での就職によりEPが発給された方、

ビザ申請代行をさせて頂いた方、またはシンガポール人財省(Ministry of Manpower)の

Self Assessment Tool(以下SAT)↓にてシミュレーションした際の結果です。

https://services.mom.gov.sg/sat/satservlet

以上となります。


※企業の人事/採用担当の皆様へ、弊社では人材紹介と併せて、ビザ申請代行サービスも行っております

ご興味がおありの方は個別にお問い合わせ下さい


※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

シンガポールにおける就労ビザ(EP)の厳格化~その7~

日付: 2015年10月13日 | カテゴリー:就労ビザについて

注:以下、2013年11月1日~2013年12月末日の期間内の事例です

シンガポールにおける就労ビザ(EP)の厳格化~その7~

さて前回に引き続きシンガポールにおける就労ビザの一つEmployment Pass(以下EP)について、

弊社で取り扱った事例の一部を以下に挙げさせて頂きます。

下記の事例の見方としましては、前回同様、左より年齢、学歴、月給を表記しており、

学歴、年齢に対して示されている月給以上であれば、EPが取得可能であることを意味します。

皆様のご参考となれば幸甚です。

【EP取得基準の事例~30代以降~】

30代前半、中堅私立大学院修了、S$4,500/月

30代前半、中堅私立大学卒、S$3,900/月

30代中盤、中堅私立大卒、S$4,000/月

30代中盤、英国大学院修了、S$4,000/月

30代中盤、上位私立大卒、S$4,500/月

30代中盤、英国大学院卒、S$4,500/月

30代後半、有名私立大卒、S$4,000/月

40代前半、米国私立大学卒、S$4,000/月

※2013年11月~2013年12月末の期間内に、弊社経由での就職によりEPが発給された方、

ビザ申請代行をさせて頂いた方、またはシンガポール人財省(Ministry of Manpower)の

Self Assessment Tool(以下SAT)↓にてシミュレーションした際の結果です。

https://services.mom.gov.sg/sat/satservlet

以上となります。


※企業の人事/採用担当の皆様へ、弊社では人材紹介と併せて、ビザ申請代行サービスも行っております

ご興味がおありの方は個別にお問い合わせ下さい

※ブログの引越に伴い消失した過去の記事を再掲載しております

※2014年1月1日よりさらにEPの審査基準が引き上げられておりますので、ご注意ください


※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

シンガポールにおける就労ビザ(EP)の厳格化~その6~

日付: 2015年10月06日 | カテゴリー:就労ビザについて

注:以下、2013年11月1日~2013年12月末日の期間内の事例です

さて前々回に引き続きシンガポールにおける就労ビザの一つEmployment Pass(以下EP)について、

弊社で取り扱った事例の一部を以下に挙げさせて頂きます。

下記の事例の見方としましては、前々回同様、左より年齢、学歴、月給を表記しており、

学歴、年齢に対して示されている月給以上であれば、EPが取得可能であることを意味します。

皆様のご参考となれば幸甚です。

【EP取得基準の事例~20代~】

20代前半、中堅私立大卒、S$4,000/月

20代中盤、中堅私立大卒、S$3,300/月

20代中盤、中堅私立大卒、S$3,300/月

20代後半、中堅私立大卒、S$3,600/月

20代後半、有名私立大卒、S$3,500/月

20代後半、中堅私立大卒、S$3,500/月

20代後半、中堅私立大卒、S$4,500/月

※2013年11月~2013年12月末の期間内に、弊社経由での就職によりEPが発給された方、

ビザ申請代行をさせて頂いた方、またはシンガポール人財省(Ministry of Manpower)の

Self Assessment Tool(以下SAT)↓にてシミュレーションした際の結果です。

https://services.mom.gov.sg/sat/satservlet

以上となります。


※企業の人事/採用担当の皆様へ、弊社では人材紹介と併せて、ビザ申請代行サービスも行っております

ご興味がおありの方は個別にお問い合わせ下さい

※ブログの引越に伴い消失した過去の記事を再掲載しております

※2014年1月1日よりさらにEPの審査基準が引き上げられておりますので、ご注意ください


※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます

シンガポールにおける就労ビザ(EP)の厳格化~その5~

日付: 2015年09月29日 | カテゴリー:就労ビザについて

まず、シンガポールの人材省(Ministry of Manpower、以下MOM)が参考にしている大学ランキングですが、
 
英米の調査機関が作成したものを参考にしているといわれています。
 
そのため、某中堅総合大学は、我々が考える偏差値をもとにしたランキングよりも高く評価されており、
 
その反面、単科大学や女子大が思っているほど高く評価されておりません。
 
それらの差異の理由として考えられるのは、英米(英語圏の)調査機関が調査している都合上、
 
英語を含めた英米の尺度での調査となるからだと思われます。
 
例えば、
 
総合大学には理系の学部が存在することが多い+大学院を併設していることが多い
 
=よって英文の論文が単科大学や女子大に比して多いため、それらに連動し評価もされやすい。
 
また、英語で行われる授業の有無、海外からの留学生の受け入れ人数、海外へ留学に出ている学生数なども
 
審査項目として大学ランキングが作成されていると言われております。
 
さらに全く別の意見として、MOMが参考にしている大学ランキングのリストの差異よりも、
 
評価が低い学歴(もしくは経験が浅い)⇒低い給与のパターンはまだ審査にとおりやすいが、
 
評価が高い学歴(それなりに経験がある)⇒低い給与のパターンは審査がとおりにくいようだ。
 
という意見も耳にします。
 
いずれにしましても、MOMからは明確な審査基準は示されておらず、

こうした傾向も経験則や推測の域を出ないというのが実態です。
 

※企業の人事/採用担当の皆様へ、弊社では人材紹介と併せて、ビザ申請代行サービスも行っております

ご興味がおありの方は個別にお問い合わせ下さい

※ブログの引越に伴い消失した過去の記事を再掲載しております
 
※2014年1月1日よりさらにEPの審査基準が引き上げられておりますので、ご注意ください


※当サイトの記事/写真の無断転載を禁じます